« 国連総会の黙とう | トップページ | 大阪市バスの退職希望 »

若者の購買意欲は

企業は今、大変のようです。

世間一般では、「クルマが売れない」「お酒が売れない」
「外食市場が伸びない」という企業の嘆きが

聞かれます。 

最近のこうした嘆きは「クルマを買うなんてもったいない」
「アルコールは赤ら顔になるから飲みたくない」 
「デートは高級レストランより家で鍋がいい」といった、
現代の若者世代の消費行動特性に大きく起因しているようです。 

「持続可能でサスティナブルな社会」が指向される

流れのなかで、 バブル期の大量生産、大量消費と

いうライフスタイルはもはや時代遅れのようです。 

時代がかわっているのですね。

昔の、バブル期のクリスマスは、さながら
「女性への(主に経済的な)プレゼンテーション力を

競う“男性力検定”」的な側面もあったため、 
男性の間では収入面でステップアップするために

仕事も自分磨きもがんばろう、というモチベーションに

なっていたようです。

ところが、クリスマスが男性にとって

「自分の男としての価値を試される厳しい戦いの場」
ではなくなった今、 無理をしてクルマを買うことも、

見栄を張って高級なレストランへ行く必要もなくなりました。 

こうした時代の空気のなかで、今日の日本市場において、
かつては主要な消費者層であった20~30代の男性を対象とする 
マーケティングが最も難しいといわれるようになったようです。

いいと思いますよ。
贅沢をしないことは。

昔の人のように、質素倹約で十分だと
思います。
企業は、困るでしょうが、それに合わせた
商品を開発すればよいと思います。

|

« 国連総会の黙とう | トップページ | 大阪市バスの退職希望 »

ニュース」カテゴリの記事