« 大手の冬のボーナス | トップページ | 若者の購買意欲は »

国連総会の黙とう

国連総会は22日、北朝鮮国連代表部の
要請を受けて金正日(キム・ジョンイル)総書記を
追悼する黙祷(もくとう)をささげたそうです。

日本や韓国、欧米など3分の2以上の
加盟国がボイコットした。

北朝鮮は安全保障理事会にも黙祷を要請。

こちらは理事国の反発を踏まえて、今月の
議長国ロシアが拒否したという。

国連総会での黙祷はこれまではテロや災害などに
よる多数の犠牲者を追悼するケースが多く、
指導者個人の追悼は異例という。

今回は北朝鮮の申善虎(シン・ソンホ)大使が
ナスル総会議長に要請し、議長が許可した。

ナスル議長は黙祷の前に「北朝鮮政府と国民にお悔やみを
申し上げる」と述べた。

日本や韓国、欧米などの代表は黙祷後、
総会議場に入場。

欧州のある外交官は「金氏は核開発を進め、
人権侵害を続けた独裁者。追悼を認めた議長の
判断は間違っている」と批判したそうです。

そうですね。

黙とうなんかする必要はないのです。
こういうことをやっているから国連はどんどん
ダメになるのです。

|

« 大手の冬のボーナス | トップページ | 若者の購買意欲は »

経済・政治・国際」カテゴリの記事