« 太平洋クラブが倒産 | トップページ | KDDIの販売 »

老人ホームの料金

老人ホームでの料金のトラブルが
多いようです。

東京都は2011年12月末、有料老人ホームの
広告・表示について「消費者を誤解させる不当な
表示がある」として103件、72業者を指導しました。

不当と判断されたのは、パンフレットなどの
紙媒体60件、インターネット43件です。

問題視されたのは、職員の勤務体制や料金の
表示方法などです。

紙媒体で全体の約3割、ネットで約5割が
不適切と判断されたそうです

有料老人ホームの市場は、高齢化に伴い、
ここ約10年間で、新規開設数が数百件、
施設数が約5000件、定員数も20万人超と成長した。

一方で、利用者が長期入院した際に、ホーム側が
強引に退去を求めたり、利用者が退去しようとした際に、
入居時に支払った高額な入居一時金が契約どおりに
返金されないなど、トラブルが絶えないそうです。

行政がきちんと監督すべきですね。
法律を作る必要がありますね。

|

« 太平洋クラブが倒産 | トップページ | KDDIの販売 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事