« 働きがいのある企業 | トップページ | 老人ホームの料金 »

太平洋クラブが倒産

ゴルフ場運営「太平洋クラブ」(東京都港区)は
23日、東京地裁に民事再生法の手続きを申請し、
保全命令を受けたと発表しました。

負債総額はグループで1276億円。

東証1部の「アコーディア・ゴルフ」が支援に
名のりを上げており、当面は営業を継続しながら、
事業再生を目指すそうです。

帝国データバンクによると、1971年に旧平和相互銀行
グループの支援を受けて創業。

「御殿場コース」など18コースを運営する。
会員数は1万3千人で、預託金は682億円。

73年から76年にはプロ野球球団「太平洋クラブライオンズ」の
経営に携わっていた。

創業以来、積極的なゴルフ場買収で事業拡大を
進めてきたが、80年代半ばに平和相互銀行が
住友銀行(当時)に合併されて以降は、一部施設を
売却。

さらに、バブル経済崩壊で利用客が落ち込み、
経営が悪化したそうです。

バブルの影響がまだあるのですか。
1200億円も負債を作っています。
もっと早く倒産した方がよかったと思いますが。

|

« 働きがいのある企業 | トップページ | 老人ホームの料金 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事