« 被災地の人口 | トップページ | パナソニック日置工場 »

半導体製造装置の販売

日本半導体製造装置協会(SEAJ)が

2011―13年度までの需要予測調査を
まとめました。
日本製半導体製造装置の11年度の販売高は 
前年度比5・9%減の1兆1682億円、
12年度も同3・8%減の 1兆1238億円と
2年連続で減少する見通しのようです。
 
欧州の財政危機などによる景気低迷を受け、
半導体メーカーが設備投資を 
延期する動きが続くとみています。 

11、12の両年度はスマートフォン
(多機能携帯電話)向け半導体需要が 
伸びず、DRAMの価格下落による業績悪化を受けて 
受託生産会社(ファウンドリー)を中心に投資抑制が
続くと予測しました。 

一方、13年度はスマートフォンや新型ノートパソコン向け
半導体需要増により、 同20・0%増の1兆3486億円に
転じて10年度の実績を上回るとみているようです。
スマートフォンやウルトラブックに人気が
出そうです。
早く、ヨーロッパの金融不安が終息して
欲しいですが。

|

« 被災地の人口 | トップページ | パナソニック日置工場 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事