« インフルエンザの流行 | トップページ | オリンパスとの提携 »

テレビ番組

「若者があまりテレビを見なくなった」とも
言われています。
この点について番組制作者と一般視聴者は
どのように感じているのだろうか。
調査をしたそうです。

番組制作者で「若い人たちのテレビ離れが
進んでいる」と答えたのは77.0%だったが、
一般視聴者では37.5%にとどまったそうです。 

番組制作者は「テレビ番組が人々の
話題になることが少なくなっている」として、 
テレビの社会的影響力の低下を危惧しているが、
一般視聴者の59.0%はテレビの社会的影響力の
低下に否定的であることも明らかになった。 

娯楽や情報の主要な供給源としてのテレビの役割は、
今後も揺らぐことなく維持されていくと思いますか? 
この質問に対し、番組制作者(53.8%)と一般視聴者
(60.2%)ともに「テレビの役割は揺らぐことはない」と楽観的な展望を
示したそうです。 

でも、確実に、テレビをみなくなっています。
欲しい情報や見たい内容がありませんね。

多様化しているのですね。

|

« インフルエンザの流行 | トップページ | オリンパスとの提携 »

ニュース」カテゴリの記事