« 中国の海外投資 | トップページ | インテルの業績 »

グーグルの業績

インターネット検索最大手、米グーグルの 
昨年10-12月(第4四半期)決算を発表しました。

売上高がアナリストの予想を下回ったそうです。

 
欧州の景気失速で広告収入が落ち込んだようです。
グーグルがウェブサイトに掲載した発表文によると、

売上高は提携先サイトへの 支払い分を除いた

ベースで81億3000万ドル(約6300億円)となった。 
アナリスト予想平均は84億1000万ドルだったようです。 

一部項目を除いた1株利益は9.50ドルと、

アナリスト予想平均の10.50ドルを 下回った。 
発表を受け、同社の株価は一時、10%安となった。 

売上高の半分以上を米国以外で計上するグーグルは、

ソブリン債不安の広がる 欧州の景気減速のあおりで
成長が抑えられた。

同社は従来の検索連動型広告よりも急速に

成長するモバイル広告や ディスプレー広告の

分野で顧客向けにより多くの選択肢を提供することに 
取り組んでいる。
同社は10-12月に広告1クリック当たりの

利益が減ったことも明らかにしました。

やっぱり、ヨーロッパの金融不安が影響を
しているようですね。

グーグルの売り上げって海外の方が
多いのですね。
知りませんでした。

|

« 中国の海外投資 | トップページ | インテルの業績 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事