« 公務員人件費の2割削減 | トップページ | 中国の債務 »

牛丼の松屋

牛丼戦争が激しいですね。

牛丼大手の松屋フーズは13日、新年度から
オーストラリア産のコメを使用する方針を
明らかにしました。

不作で輸入米を緊急的に使った1993年を除けば、
牛丼大手で輸入米の使用は初めてです。

「震災などで自社の牛丼に向いた国産米の
確保が難しくなった」ためで、試験的に導入するそうです。

激化する低価格競争も背景にあるそうです。

日本はコメに高関税を課す代わりに外国産米を
年約77万トン、無税で輸入しており、これを使うそうです。

現在、国産の低価格米は1キロあたり230円ほどです。
豪州産米の国の売り渡し価格は210円(政府の利ざや含む)。

吉野家ホールディングスや、「すき家」などを展開する
ゼンショーホールディングスは「現時点で輸入米を使う予定はない」と
しています。

競争が激しいですね。
おいしいのでしょうか。

出来れば国産を使って欲しいですが。

|

« 公務員人件費の2割削減 | トップページ | 中国の債務 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事