« DeNaの売上高 | トップページ | 公務員人件費の2割削減 »

インドの新車販売

インド自動車工業会が8日1月の国内新車販売台数
(商用車含む)を発表しました。

前年同月より9.8%増え、32万1972台でした。

前年同月を上回るのは3カ月連続です。

欧州危機のあおりでインドでも景気の減速傾向が
強まっているが、中間所得層の消費の活発さを示す
自動車販売には明るい兆しも見え始めたようです。

昨年3月まで最低でも2割前後の伸びが続いた
国内新車販売台数は7月、2年2カ月ぶりに前年
同月割れし、その後も低迷しました。

10月には13.1%減と、リーマン・ショック後の
2009年1月(17.5%)以来の大幅なマイナスを記録したが、
翌月からは前年同月比でプラスが続いているそうです。

インドは中国と違うのは、輸出で景気がよくなって
いるのとは違いますからね。
国内需要が、増加していますから、ヨーロッパなどの
影響が少ないようです。

いいことです。
日本メーカーも販売できますからね。

|

« DeNaの売上高 | トップページ | 公務員人件費の2割削減 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事