« シャープも赤字 | トップページ | 普天間問題 »

温暖化の影響

国立環境研究所(茨城県)のチームがまとめた。

地球温暖化の影響で、緑豊かな

南米アマゾン川流域が今世紀末までに
乾燥化する恐れがあるそうです。

世界有数の熱帯雨林が広がる流域は、
野生生物の貴重な生息地となり、二酸化炭素を大量に 
吸収する「地球の肺」の役割を果たしてきた。
生態系の悪化や温暖化の加速が懸念されそうだ。

チームは、世界各地で観測された水資源量の

地域分布と、これらの計算方法の結果を比較。 
最も現実に近い結果を算出する計算方法を
選ぶ手法を開発し、アマゾン川流域に適用しました。 

その結果、現在より気温が1度上昇すると、
雨雲を発生させる大気の流れが変わって、 
水資源量は年100ミリ以上増えるが、中下流では
最大で年300ミリ以上減る可能性のあることが 
分かったそうです。 

今世紀末までにブラジルの気温は3度程度

上昇するとのIPCCの予測をあてはめると、 
年間1000ミリ近くの水資源量が減ることになる。

ブラジルは、どんどん木を切って、森林を減らして
いますからそれも進行が速くなりますね。
ブラジル政府ももっと考えるべきです。

|

« シャープも赤字 | トップページ | 普天間問題 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事