« デジタル一眼市場 | トップページ | パナソニックの事業 »

日本電産のモーター

日本電産は2015年ごろまでに

2000億―3000億円を投じて 
レアアース(希土類)を使わない
可変磁気抵抗(SR)モーターの 
世界での量産体制を整備するそうです。
 
主に電気自動車(EV)、ハイブリッド車(HV)の
駆動用モーター としての用途を見込んでいるそうです。 

4月に国内で立ち上げたのち、中国、ポーランド、メキシコで 
量産する方針。
音や振動などの課題を解消し、大規模投資に踏み切るそうです。
 
需要急拡大が期待されるレアアース不要モーター市場で、
競合各社の 戦略に大きな影響を与えそうだ。 

日本電産は滋賀技術開発センター(滋賀県愛荘町)に 
月産100―200台のSRモーターの試作ラインを構築して、 
4月に供給を始める。
すでに複数のサンプル受注を獲得しており、 
乗用車、バス、トラック向けの引き合いは強いということです。
 
13年から本格的な量産に入る計画のようです。

レアアースを使わないモーターの量産が

始まるのですね。
いいことです。

中国が、レアアースを制限してくれて、開発と
量産が一気に早まったですね。
いいことです。

もうレアアースはどんどん必要でなくなります。
 

|

« デジタル一眼市場 | トップページ | パナソニックの事業 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事