« 日本電産のモーター | トップページ | 月刊誌「囲碁」が休刊 »

パナソニックの事業

パナソニックが大幅に赤字になりました。
いろいろな対策をおこなっているようです。

パナソニックは20日、デバイス(部品)事業の
戦略を発表しました。

スマートフォン(多機能携帯電話)向けや
環境対応車向けなどの分野に投資を集中するようです。

2010年度に計1150億円だった同分野の
売上高を、15年度には4倍近い4500億円に
伸ばすそうです。

パナソニックは部品事業を、家電事業とシステム事業に
並ぶ3本柱の一つに位置づけます。

テレビなど従来の主要事業が落ち込む中、
伸びが見込める分野に集中して成長を狙う考えです。

注力するのは、スマホやタブレット端末向けの「モバイル」、
電気自動車向けなど「環境対応車」、太陽電池向けなどの
「環境インフラ」の3分野。

15年度までの部品部門の投資の約7割を振り向けて
強化するそうです。

テレビがだめですからね。
でも、新製品を開発しているのでしょうかね。

そこが一番重要です。

|

« 日本電産のモーター | トップページ | 月刊誌「囲碁」が休刊 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事