« インドの新車販売 | トップページ | 牛丼の松屋 »

公務員人件費の2割削減

民主党がマニフェストに掲げた
国家公務員の人件費2割削減です。

岡田克也副総理は10日の記者会見での
発言です。
「(任期が)あと1年半で2割は、解雇しないと数は
合わない。今の公務員制度ではできない」と述べ、
衆院議員の任期中の実現を断念する考えを
示したそうです。

民主党は国の出先機関の地方移管や給与・定員の
見直しで2割削減をめざすとしてきた。

だが、地方移管は具体化せず、国家公務員給与を
平均7.8%減額する法案も与野党協議が
まとまっていません。

岡田氏は「2割の目標はあきらめていない」と、
将来的な目標としては維持する考えを強調したが、
具体策は示さず、国の出先機関改革も「可能性が
どれぐらいあるかを含めて考えないといけない」と
明言を避けたそうです。

民主党は、マニフェストに書いてもやる気は
ないのです。
書いていない、消費税についてはやる意思は
あるようです。

国民は、消費税を上げるのに反対はしていませんが
もっとやることがあると思っています。
それが、議員削減であり、公務員の人件費の
削減です。

議員を削減して  早く、総選挙をやって欲しいですね。
民主党は、最悪ですね。

|

« インドの新車販売 | トップページ | 牛丼の松屋 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事