« 近畿圏の選挙情勢調査 | トップページ | 就職活動 »

津波計を設置

防災科学技術研究所(茨城県つくば市)は
29日、北海道沖~千葉県沖海底の
計154カ所に地震計と津波計を設けると
発表しました。

完成すれば、沖合の地震を従来よりも
最大で20~30秒、津波の発生は
最大で20分程度、早くキャッチ
できるようになるということです。

2014年度の完成を目指し、気象庁による
津波の警報や注意報にも役立てる計画だそうです。

地震計と、水圧の変化を検知する津波計は
セットにして、「宮城・岩手沖」「茨城・福島沖」など
五つのブロックに設置するそうです。

水深8千メートルまで、約30キロ間隔で
25地点ずつ設けて、24時間態勢で
リアルタイム観測を行うそうです。

これとは別に、北海道根室沖から千葉県房総沖
にかけて、約50キロごとに設置するそうです。

いいことです。

今回の被害も地震より、津波ですから。
少しでも早く、精度のよい情報が重要です。

そして、どんな津波がきても、避難できる体制を
作るべきです。
何が起こるかわかりませんから。

早急におこなうべきです。

|

« 近畿圏の選挙情勢調査 | トップページ | 就職活動 »

ニュース」カテゴリの記事