« 北朝鮮のミサイル | トップページ | アメリカのスマートフォン »

企業誘致が難しい

都道府県は、企業誘致で悩んで
いるようです。

47都道府県が2002年度以降、
1億円以上の補助金を投じて誘致した企業のうち、
10年以内に撤退・縮小したケースが製造業を中心に
21社の計23件に上っているようです。

総額約200億円の補助金が支出されて
いたことが朝日新聞の調べでわかりました。

急激な円高やアジア企業との競争が背景にあり、
企業誘致頼みの地域振興の難しさが浮き彫りに
なりました。

企業誘致の手法は補助金、税の減免、低利融資などの
優遇制度があります。

朝日新聞は、このうち補助金の交付状況について
47都道府県に2~3月にアンケートし、独自に取材しました。

補助金制度のうち各自治体で最も上限額が大きいか、
それに準じる制度により、1億円以上の補助金(交付決定額)で
02~11年度に誘致した件数は計863件、その総額は
約3928億円だったそうです。

いくら補助金が多くても、国内で作るものがなかったら
工場は作れません。
この円高で競争力のあるものを作るのは
難しいですね。

結局、地方の力ではなくて企業の力に
なりますから。

|

« 北朝鮮のミサイル | トップページ | アメリカのスマートフォン »

経済・政治・国際」カテゴリの記事