« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月

日本の携帯市場

日本の携帯市場は、スマートフォンが
過半数に近づいているようです。

最大手のドコモの24年度の販売計画によると、

高速データ通信サービス「Xi(クロッシィ)」の 
契約数を前年度比4倍の800万件に増やすそうです。
携帯端末向け放送「NOTTV(ノッティーヴィー)」 
対応スマホも300万台売るそうです。

23年度のスマホの販売台数は850万台で、
同社の携帯電話販売の 4割まで拡大してきたが、

今年度は6割前後を占める見通しのようです。 

KDDIは、昨年10月に発売した米アップルの

人気スマホ「iPhone(アイフォーン)」が牽引 しています。

23年度のスマホのシェアは41%だったが、

アイフォーン人気が根強いことから、 
24年度は70%程度にまで拡大する見通しのようです。

スマホの販売計画は前年度の1・4倍の800万台です。

どんどんスマートフォンになっています。

変わっていくのが早いですね。

|

スペインの失業率

スペインの失業率がかなり悪くなっているようです。

スペインは不景気が長引いています。
失業率が24.4%にまで悪化しているそうです。


景気の後退で財政再建が滞ってヨーロッパの
信用不安を再び高めることが懸念されています。 

スペインの国家統計局が27日雇用統計を

発表しました。

ことし第1四半期の失業者の数は 
去年の第4四半期と比べておよそ37万人増えて
560万人余りとなりました。
失業率は24.4%と、 1996年に現在の集計方法が

導入されてから最悪となったようです。 

4年前の不動産バブルの崩壊をきっかけに

不景気が長引いています。


これまでもユーロ圏各国の中で最悪でしたが、

失業率のさらなる悪化は、 景気後退に
歯止めがかかっていないことを改めて
裏付ける形となったようです。

24%ですか。
悪いですね。
ヨーロッパの経済状況や財政状況は全然
よくなりません。
ドイツやフランスは何をしているのでしょうかね。

 

|

ダイハツの業績

ダイハツの業績が好調のようです。

ダイハツ工業は26日、2012年3月期の
連結決算を公表しました。

営業利益が前年比11.6%増の1154億円でした。
純利益が23.9%増の651億円となり、
過去最高益を記録しました。

2期連続の最高益に加え、13年3月期の
業績予想も純利益が700億円に達すると
しています。

エコカー補助金の効果もあり、昨年9月に
発売した新型軽自動車「ミライース」など
国内販売が好調です。

インドネシア市場でのフルモデルチェンジで、
海外の売り上げも伸ばしました。

今夏は関西で大幅な電力不足が懸念されるなか、
伊奈功一社長は昨年自動車業界全体で実施した
休日操業は「考えていない」と明言。

部品供給の関係で、全メーカーが一斉に
取り組む必要があり、単独での実施は不可能との
認識を示したそうです。

ミライースが売れているのですね。
他の自動車メーカーも業績は良いようです。

これで、日本全体もよくなればよいですね。

|

国内の自動車生産

国内の自動車生産が増加しているようです。

国内自動車大手8社は25日、2011年度の
生産・輸出実績を発表しました。

8社合計の国内生産台数は前年度比
2.4%増の879万9796台ででした。

2年連続のプラスです。

東日本大震災やタイの洪水被害で
各社は減産を余儀なくされたが、今年1~3月に
大幅に生産を挽回(ばんかい)しました。

国内生産は5社がプラスとなったが、
ホンダやマツダなど3社は2期ぶりに
前年度実績を割り込んだようです。

三菱自動車は、円高による輸出採算の
悪化を受けて国内で生産台数を減らしたそうです。

企業ごとに違うのですね。
でも、全体的にはよくなっているようです。

|

セルフうどんがうどん県に

セルフサービスのうどん業界の
勢いがすごいです。

手軽さと安さに加えて、品質や味にもこだわり、
最大手のチェーンは国内1千店を目指しています。

トリドール(神戸市) の「丸亀製麺」 です。

そのトリドール(神戸市)が1月、高松市郊外に
出店しました。

セルフうどんチェーン「丸亀製麺」栗林公園店です。

さぬきうどんの高松に出店しました。

その勢いに、さぬきうどんの聖地も戦々恐々と
しているそうです。

店の中央にあるオープンキッチン式の調理場。
製麺機のそばでは、釜から絶え間なく湯気が立ち上る。

昼時の店内では、さぬきうどんの味に鍛えられた舌を
持つ客たちが行列を作っているそうです。

丸亀製麺の方が安くておいしいような気がしますが。
これからですね。

|

巨人が勝てない

巨人がヤクルトに負けました。

横浜も弱いですが、巨人も勝てません。

最下位に沈む巨人は、連日の改造打線で
ヤクルト6回戦(神宮)に臨むも、1点及ばず
今季2度目の5連敗となりました。

2点を追う4回に4番阿部慎之助捕手(33)の
3号2ランで同点としたが、5回に福田聡志投手(28)が
ミレッジに決勝適時二塁打を浴びました。

最下位脱出はできませんでした。

借金は、球団の歴史で優勝した例のない「7」まで
増えまhしたた。

また、渡辺氏がうるさくなります。
ああいう年寄りがいるからだめなのです。

テレビの視聴率も落ちています。
もう、野球の時代は終わりつつあります。

|

楽天の中国のショッピングサイト

楽天は、中国のショッピングサイトを

閉鎖するようです。
楽天は4月20日、中国でBaiduとの提携で
展開していたショッピングモール事業を
5月末で終了すると発表しました。

2010年10月から「楽酷天」(Lekutian)の
名称でサービスを展開してきました。

中国国内でのEC事業への投資熱が高まり、
競争が激化したことから計画を下回って
推移していたということです。

「現状では抜本的に改善させることが困難」として
終了を決めたそうです。

中国内のEC事業環境が安定した後、
引き続き事業機会を模索するとしています。

トラベル事業やシステム開発事業など、
中国内でのほかの事業・業務は継続するそうです。

楽天でも失敗するのですね。
やっぱり、他の国で成功するのは難しいのですね。

|

スマートフォンの購入

スマートフォンを購入したくない人が半数もいるようです。

リサーチバンクが、2012年4月11日、ホームページ上で
「スマートフォンに関する調査」を公表しました。

その中で、「スマホを利用していない」と回答した
1011人のうち、「スマホを購入・利用したくない」と
答えた人が49.4%いたそうです。

なぜ、スマートフォンを利用したいと
思わないのですか」という質問に対しては、
「普通の携帯電話で満足しているから」という
回答が7割と圧倒的多数を占めたそうです。

次に「パソコンのような機能は不要」、
「本体価格が高い」が順に続きました。

また、「メールをうつときの不便さ」や
「バッテリーの持続時間が短い」といった
コメントもあげられました。

確かにそうですね。
スマートフォンは、必要な人が使えば
よいと思います。

電話だけする人は必要ないですね。
今年は、ウルトラブックも出ます。

パソコンの必要な人は、それを買えばよいと
思います。
必要性ですね。

|

ジェットスタージャパン

ジェットスタージャパンという

格安航空(LCC)があるようです。
2012年4月17日、ホームページ上で
7月3日就航予定の国内線と国際線の
価格を発表しました。

同社の国内線は札幌・東京(成田)・
大阪・福岡・沖縄を結ぶものです。

価格発表のキャンペーンとして17日の
12時から14時までの間に、国内線1万席を
1円で販売したそうです。

すごいですね。

通常販売価格のほうは、「フルサービスキャリアの
50%以下におさえる」とします。

ホームページによれば、大阪(関西)発着
福岡便が3590円から設定されています。

国内線片道運賃の最低価格のほとんどが
1万円を切っています。

最近のLCCの価格って異常ですね。
安全面などは、大丈夫なのかなって思いますね。

でも、安いのはいいことですが。

|

AKB48の体調不良

最近、AKB48で体調不良になる人が増えていますね。

体調不良が相次ぐAKB48で今度は宮澤佐江が 
ダウンしました。

16日夜に行われる公演を休演することが
発表されたそうです。
宮澤は16日朝に 「たくさん寝れたー。だからか

知らないけど頭痛い」とGoogle+に投稿していたそうです。。 

AKB48は最近、板野友美、渡辺麻友と人気メンバーの

体調不良が相次いでいます。

また、 チームKとの兼任が発表されたばかりの

SKE48松井珠理奈も先日復帰を果たしたものの、 
今月初めに過労のため入院していた。 

忙しすぎますね。

握手会とかで、CDを売っていますし。
テレビなどにも出ています。

芸能活動は短いですから、稼げるときに
稼ぎたいのかもしれませんが。
事務所の問題もありますね。

|

シャープの新型液晶パネル

シャープは13日、省エネで高精細な新型の
中小型液晶パネルの生産を、今年度中に
生産能力の約7~8割まで引き上げる方針を
発表しました。

同液晶はタブレット端末向けを中心に
3月末から出荷を開始しました。

年内にも自社製タブレット端末なども発売するほか、
超薄型のノートパソコン「ウルトラブック」への
需要も見込むそうです。

同液晶はテレビ用パネルから転換した
亀山第2工場(三重県亀山市)で生産しているそうです。

液晶テレビ事業の不振で業績が悪化する中、
高付加価値液晶の本格生産で収益改善を狙うそうです。

新型液晶パネルはインジウムやガリウムなどの
酸化物半導体(IGZO)を世界で初めて実用化しました。

液晶画面の表示を制御する部品を小型、
細線化した。従来の液晶に比べ、解像度が
従来品比4倍となるほか、消費電力を5分の1から
10分の1にできるそうです。

すごいですね。
赤字になってもこういう製品は絶対に続けるべきです。
解像度が4倍で消費電力が減るのはいいですね。

今年は、ウルトラブックがどんどん出てきます。
タブレット端末も増えるでしょうから、いいと思いますよ。

|

ユニクロの業績

「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングが
12日2012年2月中間連結決算を発表しました。

売上高が前年同期比14.9%増の5255億円でした。
営業利益が11.8%増の917億円でした。

増収増益でした。純利益も38.7%増の577億円です。

海外でのユニクロの事業の伸びが大きかったそうです。

海外の店舗数は53店増え、売上高が68.8%増の
848億円、営業利益が45.1%増の114億円です。

2店を出した米国は赤字だったが、中国・香港など
アジアが好調だったそうです。

国内のユニクロ事業でも、機能性肌着のヒートテックや
ダウンなどの看板商品が売れ、収益が伸びました。

ユニクロが、どんどん海外に店舗を作っています。
新製品も開発していますので、相乗効果ですね。

これからも、伸びそうですね。

|

薄熙来氏の党役職解任

中国の国営新華社通信の記事です。

共産党中央が前重慶市党委員会書記の
薄熙来(ポー・シーライ)氏(62)の
党政治局員と中央委員の職を解任したそうです。

重大な党規違反があったということです。

薄氏は今秋の党大会での最高指導部入りが
有力視されていたが、その失脚が決定的になったそうです。

薄氏は側近の王立軍・重慶市副市長が
2月に四川省成都の米総領事館に駆け込む
事件を起こしたのを受け、3月15日に重慶市トップの
党委書記の職を解任されていました。

薄氏は2007年に直轄市である重慶市に着任し、
暴力団一掃や汚職撲滅、貧富の格差是正などの
政策で市民の人気を得ました。

大衆動員を多用する保守的な政治手法に
胡錦濤・温家宝指導部から反発が出て、
次期最高指導部人事をめぐる権力闘争に敗れたそうです。

政治不安を一番心配していますからね。
中国では、誰が失脚するか本当に
わかりません。

それだけ、権力争いが激しいということです。

|

もてない人のSNS

もてない人のためのSNSがあるようです。

ホットココアというSNSです。
ホットココアは2012年4月9日、

モテない人限定の SNS「非モテ SNS」と
「非モテ+」の会員数が合計7万人を
突破した、と発表しました。

また同時に、日記/つぶやきなどの

総投稿数が合計600万件に達したということです。

なかなか面白いですね。

こういうような限定というのも面白いですね。
情報が共有できます。

7万人もいるのですね。

非モテ SNS は2008年に運営を開始しました。
会員数が6万人を突破したタイミングで完全招待制に
移行しているそうです。

参加条件は厳しく、「恋人出来たら即退会」や
「日記は基本的に非モテな悲惨話縛り」などの
ルールが設けられているそうです。

なかなかユニークです。
こういうSNSもあってもいいかも知れません。

|

東京都の水力発電

これまでは、東京都は都が運営する

水力発電所の電力を東京電力に販売していました。
今後、入札を行うことによって販売先を広く募り、
今より高い価格で販売できるよう検討を進めて
いくことになったそうです。 

石原知事は、
「東京電力の一方的な値上げは目に余るものがあり、 
電力市場の競争性を高めるためにも東京電力以外の
事業者に販売できる体制に変えたい」と話しています。
東京都は、奥多摩町にある小河内ダムと
その下流で合わせて3か所の水力発電所を運営し、 
作り出した電力を東京電力に販売しているそうです。
具体的には、都の条例を改正してPPSと
呼ばれる電気事業者などにも入札に参加してもらい、 
販売先を広げていきたいとしています。
これからは、東京電力以外の電力会社を
作るべきです。
消費者は、選択する選択肢をもつ必要が
あります。
政府は、その法律を早急に作るべきです。
本当に、民主党はやることが遅いですね。
消費税ばっかり言って優先順位がおかしいですね。

|

国民新党

国民新党の記事です。

国民新党は5日、党本部で連立維持派6人が
会合を開きました。

消費増税法案の閣議決定に反対して
連立離脱を表明した亀井静香代表、
亀井亜紀子政調会長を解任しました。

新代表に自見庄三郎金融相、政調会長に
浜田和幸外務政務官を充てることを決めました。

静香氏と亜紀子氏は会合を欠席しました。

下地幹郎幹事長は会合後、国会内で民主党の
輿石東幹事長らと会談し、連立政権を維持
することを再確認したそうです。

自見氏らは近く総務省に代表変更を届け出ると
しているが、党規約には代表を解任する
直接的な規定はないそうです。

8人しかいないのにね。

でも代表に従うのが常識ですが。
亀井代表の方が筋が通っています。

でも、まあ人望のない人ですね。
次の選挙では、なくなる政党ですよ。

|

中国の高速鉄道

中国の曹健林副科学技術相が1日、全国ハイテク
産業発展・産業化会議で発言したそうです。

「我が国の高速鉄道技術は目下、世界最高レベルだ」
と発言しました。

これに対して中国メディア・紅網は3日、
「世界最高技術をどう用いたら社会に
幸福をもたらすかをまじめに考えるべきだ」
とする評論を掲載したそうです。

中国のマスコミが批判するのは珍しいですね。

評論はまず、昨年7月に発生した高速鉄道
列車衝突脱線事故を取りあげ、世界最高技術を
持つという高速鉄道が「大規模かつ低レベルな
ミスを起こしたというのは、何を意味して
いるのか」と問題提起したそうです。

そのうえで「具体的な運用段階で、手抜き作業により
『先天的な欠陥』がある設備や線路など施設を造った。
これでは、技術がどれだけ最新鋭であっても意味がない」と指摘。

運用上の管理が行き届かなければ、最先端技術は
「幸福をもたらさないばかりか、災難を招きかねない」としたそうです。

中国も、まともな記事を書くのですね。
よくわかっています。

でも、技術省のトップがこういう発言をすることが
おかしいのですけれど。
中国も、これからどうやって高速鉄道の技術を
発展させていくのかみたいですね。

|

ブラジルのコーヒー園

三菱商事は3日、ブラジルにある

コーヒー栽培会社イパネマ農園の
株式の約2割を取得したと発表しました。
出資額は約20億円です。
同社は世界最大級の約60平方キロメートルの
農園で、年間最大9200tのコーヒー豆を
生産しています。
三菱はこれから新興国などで需要増が期待
できるとみて、出資を決めたそうです。
商社は、どこへでもいきます。
そしていろいろなビジネスをします。
コーヒーをやってもおかしくないですね。
今までやっていなかったことが
不思議ですが。
日本の商社は、世界でもすごいのです。
日本の人は、あまり知りませんが。

|

議員歳費削減

民主党は2日、国会議員の歳費削減について、
当初めざしていた4月からの適用を
断念しました。

同日開かれた民主、自民、公明3党の
国会対策委員長会談で合意できず、10日の
歳費支給日より前に、関連法案を成立させる
ことが日程上できなくなったためだそうです。

 民主党は国会議員の歳費を2年間、
年間300万円減らす方針を決定し、各党に
提案していたそうです。

年間300万円は、総額約2100万円の
14%程度に当たる。

民主、自民、公明の各党は歳費の
削減自体では一致しているが、削減の額・
期間の詰めの協議が残っており、歳費削減は
5月以降に先延ばしとなったそうです。

民主党は、全然決まりませんね。

早く決めて、実施しないと、消費禅の
増税なんてできません。

国民は、今の民主党の実行力を見ているのです。
殆どは、民主党を見放していますが。

|

就職活動

厳しい状況が続く就活戦線が続いています。。

その現状を如実に示す調査結果が出たそうです。 

明治安田生命が今春就職を予定している
新卒男女を対象に実施したネット調査 
(有効回答者数966人)です。
内定企業数は6割以上が「1社のみ」と回答。 
平均でも1・70社だったそうです。 

就職活動の満足度は68・3%と3年連続で70%を割り、
内定数、満足度とも 直近5年間で最も低い水準と

なったそうです。 

老後に対する意識については、前年より約5ポイント多い76・9%が 
「不安を感じる」と回答。 
具体的には「生活資金などのお金」(43・3%)や「公的年金」(27・7%)、 
「介護」(10・1%)と続く。
日本の未来を担う世代なのに、早くも将来の展望に 
不安を抱いているようだということです。

でもですね。

この記事のように、就職するときから老後の心配なんか
しませんよ。
マスコミが、そういう風にしているのです。

就職先を選んだ理由のトップは2年連続で
「仕事のやりがい」(43・4%)で、 
「会社の安定性」(34・4%)を上回ったそうです。
 
全体の半数近くが地元企業への就職を選んだのも顕著な傾向。 
特に、震災復興に取り組む東北地方は64・0%と
全国的に最も高い割合を示した。 

就職氷河期に身を置きながらも、“やりがい”や“
地元への貢献”といった 明確な目的意識で就職先を
選んだ若者たちの姿が浮き彫りになった調査だそうです。
それはあるかも知れません。
また働き出して変わるのです。
参考ですね。

|

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »