« もてない人のSNS | トップページ | ユニクロの業績 »

薄熙来氏の党役職解任

中国の国営新華社通信の記事です。

共産党中央が前重慶市党委員会書記の
薄熙来(ポー・シーライ)氏(62)の
党政治局員と中央委員の職を解任したそうです。

重大な党規違反があったということです。

薄氏は今秋の党大会での最高指導部入りが
有力視されていたが、その失脚が決定的になったそうです。

薄氏は側近の王立軍・重慶市副市長が
2月に四川省成都の米総領事館に駆け込む
事件を起こしたのを受け、3月15日に重慶市トップの
党委書記の職を解任されていました。

薄氏は2007年に直轄市である重慶市に着任し、
暴力団一掃や汚職撲滅、貧富の格差是正などの
政策で市民の人気を得ました。

大衆動員を多用する保守的な政治手法に
胡錦濤・温家宝指導部から反発が出て、
次期最高指導部人事をめぐる権力闘争に敗れたそうです。

政治不安を一番心配していますからね。
中国では、誰が失脚するか本当に
わかりません。

それだけ、権力争いが激しいということです。

|

« もてない人のSNS | トップページ | ユニクロの業績 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事