« ダイハツの業績 | トップページ | 日本の携帯市場 »

スペインの失業率

スペインの失業率がかなり悪くなっているようです。

スペインは不景気が長引いています。
失業率が24.4%にまで悪化しているそうです。


景気の後退で財政再建が滞ってヨーロッパの
信用不安を再び高めることが懸念されています。 

スペインの国家統計局が27日雇用統計を

発表しました。

ことし第1四半期の失業者の数は 
去年の第4四半期と比べておよそ37万人増えて
560万人余りとなりました。
失業率は24.4%と、 1996年に現在の集計方法が

導入されてから最悪となったようです。 

4年前の不動産バブルの崩壊をきっかけに

不景気が長引いています。


これまでもユーロ圏各国の中で最悪でしたが、

失業率のさらなる悪化は、 景気後退に
歯止めがかかっていないことを改めて
裏付ける形となったようです。

24%ですか。
悪いですね。
ヨーロッパの経済状況や財政状況は全然
よくなりません。
ドイツやフランスは何をしているのでしょうかね。

 

|

« ダイハツの業績 | トップページ | 日本の携帯市場 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事