« 国民新党 | トップページ | もてない人のSNS »

東京都の水力発電

これまでは、東京都は都が運営する

水力発電所の電力を東京電力に販売していました。
今後、入札を行うことによって販売先を広く募り、
今より高い価格で販売できるよう検討を進めて
いくことになったそうです。 

石原知事は、
「東京電力の一方的な値上げは目に余るものがあり、 
電力市場の競争性を高めるためにも東京電力以外の
事業者に販売できる体制に変えたい」と話しています。
東京都は、奥多摩町にある小河内ダムと
その下流で合わせて3か所の水力発電所を運営し、 
作り出した電力を東京電力に販売しているそうです。
具体的には、都の条例を改正してPPSと
呼ばれる電気事業者などにも入札に参加してもらい、 
販売先を広げていきたいとしています。
これからは、東京電力以外の電力会社を
作るべきです。
消費者は、選択する選択肢をもつ必要が
あります。
政府は、その法律を早急に作るべきです。
本当に、民主党はやることが遅いですね。
消費税ばっかり言って優先順位がおかしいですね。

|

« 国民新党 | トップページ | もてない人のSNS »

経済・政治・国際」カテゴリの記事