« 議員歳費削減 | トップページ | 中国の高速鉄道 »

ブラジルのコーヒー園

三菱商事は3日、ブラジルにある

コーヒー栽培会社イパネマ農園の
株式の約2割を取得したと発表しました。
出資額は約20億円です。
同社は世界最大級の約60平方キロメートルの
農園で、年間最大9200tのコーヒー豆を
生産しています。
三菱はこれから新興国などで需要増が期待
できるとみて、出資を決めたそうです。
商社は、どこへでもいきます。
そしていろいろなビジネスをします。
コーヒーをやってもおかしくないですね。
今までやっていなかったことが
不思議ですが。
日本の商社は、世界でもすごいのです。
日本の人は、あまり知りませんが。

|

« 議員歳費削減 | トップページ | 中国の高速鉄道 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事