« 津波計を設置 | トップページ | 議員歳費削減 »

就職活動

厳しい状況が続く就活戦線が続いています。。

その現状を如実に示す調査結果が出たそうです。 

明治安田生命が今春就職を予定している
新卒男女を対象に実施したネット調査 
(有効回答者数966人)です。
内定企業数は6割以上が「1社のみ」と回答。 
平均でも1・70社だったそうです。 

就職活動の満足度は68・3%と3年連続で70%を割り、
内定数、満足度とも 直近5年間で最も低い水準と

なったそうです。 

老後に対する意識については、前年より約5ポイント多い76・9%が 
「不安を感じる」と回答。 
具体的には「生活資金などのお金」(43・3%)や「公的年金」(27・7%)、 
「介護」(10・1%)と続く。
日本の未来を担う世代なのに、早くも将来の展望に 
不安を抱いているようだということです。

でもですね。

この記事のように、就職するときから老後の心配なんか
しませんよ。
マスコミが、そういう風にしているのです。

就職先を選んだ理由のトップは2年連続で
「仕事のやりがい」(43・4%)で、 
「会社の安定性」(34・4%)を上回ったそうです。
 
全体の半数近くが地元企業への就職を選んだのも顕著な傾向。 
特に、震災復興に取り組む東北地方は64・0%と
全国的に最も高い割合を示した。 

就職氷河期に身を置きながらも、“やりがい”や“
地元への貢献”といった 明確な目的意識で就職先を
選んだ若者たちの姿が浮き彫りになった調査だそうです。
それはあるかも知れません。
また働き出して変わるのです。
参考ですね。

|

« 津波計を設置 | トップページ | 議員歳費削減 »

ニュース」カテゴリの記事