« 後期高齢者医療制度 | トップページ | 尖閣諸島の購入計画 »

日本の電子書籍市場

オンライン書店大手のAmazonの電子書籍用端末

Kindleがついに日本発売です。
サービス開始も秒読みです。
電子書籍業界への普及が進むでしょうか。
いろいろな問題があるようです。
Appleストアの手数料が30%もあるようです。
Amazonが50%あるようです。
自社販売チャンネルを模索してきた大手出版社が
高い手数料と、価格決定権を渡すことに
簡単にOKするとは思えないそうです。
高すぎますね。
それと、アメリカと日本では、全然習慣が違います。
アメリカは、近くに書店がありません。
だから、ネットで購入するしかありません。
日本では、どこでも、書店があります。
そして、新しい新刊がでると、その後に文庫本が
安くでます。
中古市場もあります。
やっぱり、アメリカのように、電子書籍の普及は
難しいような気がしますが。

|

« 後期高齢者医療制度 | トップページ | 尖閣諸島の購入計画 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事