« インドの新車販売 | トップページ | ジョニーデップの映画 »

日本郵政の正社員の登用

日本郵政グループが実施している
非正規社員の正社員登用試験です。

2011年度の合格者が計1058人と、
前年度の8分の1にとどまったそうです。

同グループは民主党への政権交代後、
正社員登用の拡大に乗り出しました。

郵便物の減少などで事業環境が厳しいため、
人数を圧縮しました。

多数を正社員として受け入れることで、
雇用状況の改善に寄与すると期待されていたが、
停滞を余儀なくされています。

正社員への登用は、今年度も続ける方針のようです。

ただ、人件費の抑制に向け、賃金水準の低い
新たな正社員の区分新設を検討中で、社内格差が
生じる懸念もあるそうです。

民主党になって、せっかく改革していたのに、
亀井が、元に戻そうとして配達のトラブルが
出ました。

そして、正社員に登用するものだから、
結局赤字になりました。

民主党も、国民新党も、本当にダメな政党です。
これ以上、悪くならないことを望みますが。

|

« インドの新車販売 | トップページ | ジョニーデップの映画 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事