« レバーの生食が禁止に | トップページ | 相撲部員 »

アメリカでの電気自動車

電気自動車が次世代の環境対応車として注目を浴びています。

アメリカでも2010年後半の日産自動車の「リーフ」などの発売で、 
市場拡大の期待が高まっています。
でも、電気自動車(EV)の販売が米国で急激に鈍化している。 

ガソリン車と比べ価格が高いほか、走行距離が
短いことが原因のようです。

主要市場での伸び悩みは 各社の環境対応車戦略にも

影響を与えそうです。
米調査会社オートデータによると、日産が
鳴り物入りで米市場に投入した「リーフ」は 
11年に9674台が売れたそうです。

しかし需要が一巡した12年には販売が激減。
4月の販売台数は 前年同月比35.4%減の370台、

5月は55.3%減の510台にとどまり、急ブレーキが 
かかっているそうです。

 
販売が伸びない理由は高価格と1回の充電で
走行できる距離の短さのようです。

 
リーフは3万5200ドル(約280万円)で政府の
補助を最大限受けても2万7700ドル。 
ボルトの場合はそれぞれ約3万9000ドル、

約3万1500ドルもするそうです。

 
充電1回当たりの走行距離はリーフ、

RAV4とも160キロ前後だそうです。

燃費、価格などを考えるとメリットが
少ないようです。
アメリカは広いですからね。
1日でm数百キロも走りますから。

電気自動車もまだまだかもしれませんね。

|

« レバーの生食が禁止に | トップページ | 相撲部員 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事