« Windows 8のプレビュー版 | トップページ | ウナギの高騰 »

中国の模倣品

中国は「特許大国」にのぼりつめる一方、

偽物が公然と販売される「パクリ天国」という
汚名を払拭(ふっしょく)しきれていないそうです。
その対象はブランド品からキャラクターグッズまで
多岐に及び、日本企業などは対応に苦慮しているそうです。
模倣品を作る中国企業とあえて提携し、正しい製品を
作らせるよう“教育”する企業など、広大なニセモノ市場に対し、
さまざまな対応策が展開されているそうです。
でもでですね。
韓国も同じですが、中国で、模倣品が作られる間は、
日本の企業を抜くことは絶対にできませんからね。
アメリカのような、iPoneやiPadは、中国ではできません。
これらの独創性がないと、商品や軍備などは、絶対に
その国を抜けません。
確かに、マネをされるのは、損害が大きいですが、
韓国や中国が、オリジナルの製品を作り出したときが
本当に怖いと思いますよ。
サムソンだって、日本の企業よりは売り上げや利益を
あげていますが、日本企業がいないと製品は作れませんからね。
日本は、赤字ですが次の技術を開発していますからね。
そこが重要なのです。

|

« Windows 8のプレビュー版 | トップページ | ウナギの高騰 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事