« インドの経済成長 | トップページ | 中国の模倣品 »

Windows 8のプレビュー版

Windows8のプレビュー版が提供開始
されるようです。

米Microsoft Corporationは5月31日(現地時間、以下同)

、「Windows 8 Release Preview」
(以下、「Windows 8 RP」)の
一般提供を開始しました。
現在、同社のWebサイトから日本語版を含む
14カ国語版をダウンロードできるようです。
次期OS“Windows 8”の3つ目のプレビュー版です。
製品化前のプレリリース版としては最後となり、
次のマイルストーンはRTM(Release to Manufacturing)版、
つまり製品版となる見込みです。

推奨される動作環境は、1GHz以上のCPU、
1GBのメモリ(64bit版の場合は2GB)、
16GBのディスク空き容量(64bit版の場合は20GB)、
WDDM 1.0以降に対応するドライバーが用意された
DirectX 9対応のグラフィックカードなどだそうです。
最初の画面が異なるようで使いにくいようです。
もう、次は必要ありませんが、マイクロソフトは
ずっと開発するのでしょうね。
使いやすく価格が安くなればよいですが。

|

« インドの経済成長 | トップページ | 中国の模倣品 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事