« 大阪都法案 | トップページ | 小沢派の新会派 »

K-1の会社

最近、K-1などの格闘技の話を聞きませんね。

倒産したそうです。

会社FEG(東京都渋谷区)は16日までに、
東京地裁から破産手続きの開始決定を受けました。

かなり前の3月14日に債権者が破産を申し立てていたそうです。

負債額は明らかになっていません。
2003年にK―1の運営をほかの会社から
引き継ぎ、格闘技イベントを開催していました。

K―1は1990年代から2000年代にかけて人気を集めました。

大相撲の元横綱の曙(あけぼの)とレスラーの
ボブ・サップの対戦カードが年末にテレビ
放映されるなどした。

しかし、徐々にファンが減り、スポンサーも離れて、
出場選手への「ファイトマネー」の支払いも
遅れるようになっていたようです。

曙(あけぼの)の責任は大きいですね。
もう、現役を過ぎたのに、出場して、
ぼろ負けです。

結局、大相撲の人気も落ちてしまいました。
横綱だったのですよ。
外国人力士は、本当にダメですね。

今もそうですが、大相撲は日本人だけに
すべきですね。

|

« 大阪都法案 | トップページ | 小沢派の新会派 »

スポーツ」カテゴリの記事