« 第一三共が化粧品 | トップページ | 国家公務員の給料 »

中国が世界一?

米誌ビジネスウィークの記事です。

国際通貨基金(IMF)は2016年にも
中国が米国を抜き世界最大の経済体に
なると予測しているそうです。

いつもIMFはいろいろ言いますが、当たった
ことはないですね。

2011年時点で米国のGDPは15兆ドル
(約1200兆円)超です。

中国の7兆ドル(約562兆円)の2倍です。

中国国際経済交流センターの
徐洪才(シュー・ホンツァイ)氏は、
中国は過去30年間平均10%近い
成長を続けてきました。
今後10~20年間も同様の成長を持続する力が
あると話したそうです。

では、どんな産業を作るかですね。
自動車ですか?
電機ですか?

内需転換しないとだめですよ。

GDPが増えるということは給料があがることです。
今の輸出ばっかりだと、だめですね。
確かに人口は大きいですが。
こういう予測は、馬鹿げています。

|

« 第一三共が化粧品 | トップページ | 国家公務員の給料 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事