« 国内の新車販売 | トップページ | 電子書籍の標準規格 »

アメリカの成長率

アメリカの成長率が下方修正されました。

国際通貨基金(IMF)は3日、米国の2012年の
実質国内総生産(GDP)を発表しました。
前年と比べた伸び率の見通しを、これまでの
年率2.1%から2.0%に引き下げました。

13年の見通しも同2.4%から2.3%に引き下げました。

欧州の経済危機と、米国の歳出などが
急減する「財政の崖」が大きなリスクと指摘したそうです。

オバマ政権の赤字削減策は「急すぎる」として
削減の幅を緩めるよう要請。

13年に始まる強制的な歳出減の代替案を
検討するよう求めたそうです。
一方で、中期的には信頼できる財政再建計画が
必要、とも言っているようです。

確かに、景気の回復は弱いですね。
雇用統計や不動産などで、一進一退です。

オバマになっても、あまり経済はよくないですね。

|

« 国内の新車販売 | トップページ | 電子書籍の標準規格 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事