« アメリカの成長率 | トップページ | 中国選手団の食事 »

電子書籍の標準規格

欧米の電子書籍の標準規格
「EPUB(イーパブ)」が縦書きの
日本語を表示できるようになったそうです。

国内の出版界で今後広がる見通しになったようです。

楽天などもEPUBの採用を決めています。

EPUBをつくった国際団体「国際電子出版フォーラム(IDPF)」が
公認する日本語用の閲覧ソフト「リーディアム」が
4日、東京で開かれた「国際電子出版EXPO」で
初公開されました。

IDPFは、「日本製でないと無理ではないか」と言われていた
ルビなど複雑な日本語表記が、「世界標準」の規格でも
実現可能なことをアピールするそうです。

いま、国内の規格は統一されておらず、主なもので
2種類あるようです。

EPUBが標準規格になれば、海外から
安い電子書籍端末が入るようになり、価格競争が
活発化する可能性があります。

日本でも、本格的に電子書籍が普及する
環境が整っています。

|

« アメリカの成長率 | トップページ | 中国選手団の食事 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事