« 男子柔道 | トップページ | 次の男子サッカーはメキシコ戦 »

シャープの苦悩

シャープが平成24年度中に国内外で

社員約5千人を削減することを決めました。
黒字になる見込みは見えませんね。
主力のテレビ・液晶事業が不振をきわめ、
台湾・鴻海精密工業との提携だけでは
収益改善が進まないようです。
聖域でもある人材にメスを入れざるを
得ない状況に追い込まれました。
創業100年目という記念すべき年に、
半世紀以上にわたって回避してきた
人員削減に再び踏み切るようです。
このままだと、会社自体が危ないですね。
液晶以外の収益がありませんからね。
選択と集中のミスですね。
早急に戦略の見直しが必要です。
少し遅い気もしますが。
ソニーやパナソニックは、いろいろな事業を
持っていますから、黒字になりました。
選択と集中しなかったらよかったのです。
以前は評論家は、選択と集中とか言っていましたが
あまりあてにならないですね。

|

« 男子柔道 | トップページ | 次の男子サッカーはメキシコ戦 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事