« アメリカ株が続伸 | トップページ | 100円ショップの製品から発がん物質 »

猛暑の増加

米航空宇宙局(NASA)の科学者の見解が、
4日の米紙ワシントン・ポスト(Washington Post)に
掲載されました。

近年、夏の猛暑が世界各地で
増加しています。

2010年にロシアを襲った熱波や、前年の
米テキサス(Texas)州とオクラホマ(Oklahoma)州で
大規模な干ばつが発生しました。

全て気候変動が原因だということです。

人類の活動により進む気候変動に起因し、
つい20年前に出された予測よりも状況は
悪くなっているということです。

最近の猛暑をみると、昔より暑くなって
いるように思えます。

二酸化炭素も増えていますからね。

でも、一番、二酸化炭素を出している、アメリカと
中国が、対策をしないのが、問題です。

|

« アメリカ株が続伸 | トップページ | 100円ショップの製品から発がん物質 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事