« リンガーハットが創業50周年 | トップページ | 中国の平和堂の損失 »

失業率が改善

失業率が少し改善しているようです。

総務省が28日に労働力調査を発表しました。

8月の完全失業率(季節調整値)は4.2%で、
7月(4.3%)から改善しました。
 
ロイターが民間調査機関に行った聞き取り調査では、4.3%が

予測中央値だったそうです。 

一方、厚生労働省が8月の有効求人倍率(季節調整値)を

発表しました。

0.83倍で前月と同水準だった。
ロイターの事前予測調査の中央値は0.83倍で、同じだったようです。 

8月の有効求人数は前月比1.1%減と2カ月連続で減少。 
有効求職者数も前月比0.9%減となった。

少し良くなっているのでしょうか。
尖閣の問題で悪くならなければよいですが。

|

« リンガーハットが創業50周年 | トップページ | 中国の平和堂の損失 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事