« 失業率が改善 | トップページ | 憲法改正 »

中国の平和堂の損失

スーパーの平和堂(滋賀県彦根市)は27日、
中国の反日デモで湖南省の3店舗が被害を受けました。

テレビでは、かなり壊されて、商品が盗まれていました。

直営部分だけで被害額は約5億円にのぼるそうです。

仮に11月末まで再開できなかった場合、営業上の
損失が最大で13億円にのぼる可能性があるということです。

15日に起きた反日デモで、3店舗にデモ隊が
侵入して売り場を荒らし、このうち長沙市の店では、
1、2階のガラスが割られたり商品を壊されたりした。

非直営部分を合わせた3店舗の被害額は
35億円にのぼるという。
直営部分の約5億円の被害のうち、約4億円は
損害保険でカバーできるという。
3店舗は11月1日から12月中旬にかけて順に再開する予定だ。

次がまたおきますよ。
今回は、人的被害はなかったようですが次は、
わかりませんね。

でも、これだけ壊されても中国に行くのですね。
そんなに、お金が欲しいのでしょうかね。

よくわかりませんが。

|

« 失業率が改善 | トップページ | 憲法改正 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事