« シャープの再生 | トップページ | 尖閣問題 »

中国の消費者物価指数

中国の消費者物価指数が上がっているようです。

中国国家統計局が9日8月の消費者物価指数(CPI)を
発表しました。

前年同月と比べて2.0%上昇し、7月の1.8%から
5カ月ぶりに伸びが拡大し ました。

同時に発表した工業生産者出荷価格(卸売物価)
指数(PPI)は前年同月より3.5%下がり、
6カ月続けてマイナスで、その幅も拡大しています。

CPIの上昇幅の拡大は、野菜が23.8%も上昇したほか、
米国の干ばつの影響で穀物価格が3.2%上昇した
ことが響いたそうです。

企業どうしの取引である卸売り価格の下落が
続いているのは、生産や需要が鈍る景気の
減速を映している。

食品の輸入が増えて物価が上がっているのですね。
でも、輸出は減っています。

国民は大変ですね。
野菜が20%以上もあがると、大変ですよ。
不平不満が増大しなければよいですが。

|

« シャープの再生 | トップページ | 尖閣問題 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事