« アップルが控訴 | トップページ | 民主党の衆議院選の準備 »

EV充電の規格

米自動車技術者協会(SAEインターナショナル)は、
自動車技術の規格に影響力があります。

電気自動車(EV)の充電方式で、欧米自動車メーカーが
推進する「コンバインド・チャージング・システム(コンボ)」と
呼ばれる規格を採用すると発表しました。

EVの充電方式をめぐっては、日本の自動車各社が
実用化で先行する「チャデモ(CHAdeMO)方式」で
国際標準化をめざしています。

SAEの決定は、コンボ方式を推す欧米勢にとって
追い風となり、日本勢は主導権争いで後れをとる
可能性も出てきました。

日産自動車などが実用化しているチャデモ方式は、
家庭電源を使う普通充電と、急速充電では、
プラグの差し込み口が分かれています。

一方、米ゼネラル・モーターズ(GM)や
独フォルクスワーゲン(VW)などのコンボ方式は、
急速充電と普通充電のプラグを一体化しています。
来年の実用化をめざすそうです。

まだできていないのに使いたくないのです。

いつもの、アメリカとヨーロッパのやり口です。
日本が進んでいますからね。
使いたくないのです。遅れますからね。
市場を取られてしまいますから、危機感を
持っています。

ハイブリッドでは、完全に日本が先行して
いますからね。

電気自動車で利益をだすのは、かなり先に
なりそうです。

 

|

« アップルが控訴 | トップページ | 民主党の衆議院選の準備 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事