« 自動ブレーキ衝突回避システム | トップページ | Windows8の販売数 »

メタンハイドレート

メタンハイドレートがまた見つかったようです。

次世代のエネルギー源として注目される「メタンハイドレート」が 
日本近海の広い範囲で、海底下数メートルの浅い場所に

存在する可能性が あることが新たに分かったそうです。

北見工大と明治大などのチームが29日
発表しました。

オホーツク海や日本海で発見し、回収にも成功したそうです。 

これまでも太平洋を中心に海底下数十~数百メートルで
見つかっていたが、 極めて浅い場所で見つかったそうです。

比較的容易に採掘でき、経済的にも優位になる可能性が
あるということです。 

いいですね。

チームが発見したのは、北海道網走市沖のオホーツク海、
秋田、山形、新潟、 各県沖合の日本海の海底です。

いずれも沖合30~50キロ程度の場所で、 
日本の排他的経済水域(EEZ)の範囲内だった。 

また島根県の隠岐島近辺でも調査を行い、メタンハイドレートが
存在している可能性が高いそうです。
いいですね。
今、海外から、天然ガスを輸入しています。

貿易赤字になっています。

早く、メタンハイドレートを安く取り出す技術を確立して
欲しいですね。
一気に日本のエネルギー問題が解決します。

|

« 自動ブレーキ衝突回避システム | トップページ | Windows8の販売数 »

ニュース」カテゴリの記事