« 週刊朝日の橋下氏の記事 | トップページ | 田中法相が辞任 »

シャープの最新鋭液晶

経営再建中のシャープが最新鋭の
高精細液晶「IGZO(イグゾー)」のパネルを、
米パソコン大手のヒューレット・パッカード(HP)や
デルに長期供給する交渉に入っているそうです。

いいですね。
液晶事業の赤字に苦しむシャープにとって、
大口販売先を確保して経営再建にはずみをつける
狙いです。

IGZOパネルは高精細、省電力が特徴で、
シャープが今春、亀山第2工場(三重県)で
世界初の量産を始めました。

すでに今冬モデルのスマートフォン(多機能携帯電話)や
タブレット端末の一部に搭載されています。

米アップルの「iPad」も採用しています。
亀山第2工場の生産能力が大きいため、
現状の稼働率は3~4割にとどまり経営の
足かせになっているそうです。

シャープが8月に発表した2013年3月期の業績予想でも、
連結の営業赤字1千億円に対し、液晶事業はそれを
上回る1050億円の赤字を見込むそうです。

決まればよいですね。
シャープでも、新しい、エンドの製品を作れればよいと
思いますが。
そうでないと、いつまでも、部品メーカーのままです。

|

« 週刊朝日の橋下氏の記事 | トップページ | 田中法相が辞任 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事