« フィギュア中国杯 | トップページ | 韓国大統領、麻生元首相と会談 »

反日デモで死亡

尖閣諸島の日本国有化を巡るデモにからみ、

死者が出たと詳細に報じられたのは初めてだそうです。

中国広東省の深セン(センは土へんに川)市で
9月16日にあった反日デモの現場で頭を打ち、
意識不明となっていた地元の男性(27)が2日、
入院先で死亡したそうです。

男性は湖北省出身で市内の電子機器メーカーに
勤める技術者だそうです。

デモの当日は同僚約10人と、日系のショッピングセンターや
市共産党委員会の庁舎などが並ぶ通りにいたそうです。

群衆となって車道中央の柵を乗り越えようとしたところ、
倒れた柵に足を挟まれ、混乱状態の中で頭を打ったという
ことです。

日本の企業や店舗を壊そうとしていたのですね。
柵は、店舗や企業に入らないように作って
いたと思いますよ。

この新聞はなぜ、この記事を書いたのでしょうか。
整然とデモを行えと言いたのでしょうか。
中国共産党を非難しているのでしょうか。

|

« フィギュア中国杯 | トップページ | 韓国大統領、麻生元首相と会談 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事