« 中国の平和堂の損失 | トップページ | 子供が好きなスポーツ »

憲法改正

自民党の安倍晋三総裁は30日、
京都府綾部市で講演しました。

憲法改正について「(改正発議に)反対と
思っているような横柄な国会議員には
次の選挙で退場してもらいたい」と語り、
次期衆院選で憲法改正を争点化する考えを示したそうです。

安倍氏は、各社世論調査で過半数が憲法改正
すべきだと答えていると指摘。

憲法96条で発議要件が国会議員の3分の2以上と
なっていることについて、「たった3分の1ちょっとの
国会議員が反対すれば(憲法改正が)できないのは
おかしい」と述べ、96条の要件を2分の1に緩和する
べきだとの考えを強調し ました。

また、尖閣諸島(沖縄県石垣市)について「これを守るには
物理的な力、海上保安庁、海上自衛隊。
守りをちゃんとしていることを担保する法制度を作っていく」と
述べ、中国に対抗するため海保と海自の連携を強める
法整備が必要との認識を示したそうです。

いいですね。
尖閣問題もありますから、そろそろ憲法を改正すべきです。

是非、安倍さんには頑張って欲しいですね。

|

« 中国の平和堂の損失 | トップページ | 子供が好きなスポーツ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事