« 景気動向 | トップページ | 希望退職の人数 »

三菱自動車の中国販売

三菱自動車の中国での新車販売がかなり悪いようです。

三菱自動車は10月に中国で販売した
新車の台数が前年同月比75%減の
1287台だったそうです。

尖閣諸島の国有化後の販売不振が続いており、
大規模な反日デモがあった9月(約63%減)
より下げ幅が拡大したそうです。

10月の中国新車販売は、富士重工業が71.7%減、
ホンダも53.5%減となるなど日系各社は苦戦が
続いているようです。
9月より下げ幅が拡大したメーカーも目立っています。

尖閣の影響もありますが、中国の景気が悪くなって
いる方が大きいと思いますよ。

他の外資系や中国メーカーの販売をみないと
よくわからないと思います。

日本メーカーは、すでに対策を打っていると
思いますよ。
 

|

« 景気動向 | トップページ | 希望退職の人数 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事