« ソニーの電子書籍 | トップページ | 日米共同統合演習 »

竹島問題

島根県・竹島の領有権をめぐる

国際司法裁判所(ICJ)への単独提訴について、 
政府は訴状の準備作業を月内にも終えた上で、

即日提訴はせず 韓国側の出方を見極める方針を
固めたそうです。

単独提訴を外交カードとして準備・温存し、
韓国政府の慎重な対応を引き出す考えのようです。 

外務省幹部は「訴状の準備作業はほぼ終わったが、

提訴時期は政治判断」と指摘しているようです。

 
日韓外交筋は「単独提訴は重要な外交ツール。

最も効果的な時期を狙って提訴する」と強調したそうです。

とりあえずは、いいのかも知れません。

単独提訴してもよいと思いますよ。

そして、竹島の不法占拠から手を引かせたら

よいと思いますが。

でも、いろいろ駆け引きがあるでしょうから、
様子を見ても良いのかも知れません。

|

« ソニーの電子書籍 | トップページ | 日米共同統合演習 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事