« 石川遼 | トップページ | アメリカの財政の崖 »

民主党の鳩山氏

民主党の安住淳幹事長代行は18日、
衆院選の公認候補について
「党が掲げる政策を守るとの誓約書を書いてもらう。
この約束を守れないのであれば公認は難しい」と
都内で記者団に語ったそうです。

党の公認を得て出馬する意向を示している
鳩山由紀夫元首相についても例外扱いしないそうです。

鳩山氏は、17日の地元後援会会合で「経済が
下降していく状況で消費税増税がまかり通るようでは
いけない」と主張。
環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)についても
「(反対の)信念を曲げるつもりはない」と語っているそうです。

誓約書をしたため党公認を得るのか、持論を
曲げず党を離れるでしょうか。
鳩山氏は、どうするでしょうかね。

少なくとも、民主党の公認がなければ、絶対に
落選します。
比例でも当選しませんからね。

そこまで、自分の意思を貫けるでしょうか。
これからの注目です。

民主党は、これで、一枚岩になります。
野田首相の最後の党首討論、解散、記者会見で
民主党の支持率は確実に上がりましたらね。

面白い選挙になります。

|

« 石川遼 | トップページ | アメリカの財政の崖 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事