« 三菱自動車の中国販売 | トップページ | マリナーズの岩隈 »

希望退職の人数

希望退職の人数が増えているようです。

東京商工リサーチが希望退職の人数の
調査結果まとめました。

上場企業が今年これまでに募った希望退職の人数は
1万6779人だそうです。
すでに昨年のほぼ倍に上っているようです。

シャープなど電機大手のリストラの影響が
大きいようです。
リーマン・ショックが影響した2009年の
2万2950人に迫る可能性もあるそうです。

国際競争の激化や歴史的な円高などによる
業績不振で、大企業の大型リストラが相次いでいるためです。
業種別で最も多かったのは電気機器の17社だった。

最も人数が多かったのは半導体大手ルネサス
エレクトロニクスの5千人(応募は7446人)。
2393人が応募したNEC。
2千人を募集しているシャープです。

2009年のリーマンショック以前では2003年もあったのです。
このときも電機だったのです。
その退職者がサムスンなどにたくさん行って結局今回の電機業界の
不振になっています。
早期退職は、優秀な人も辞めますからね。
皮肉ですね。

|

« 三菱自動車の中国販売 | トップページ | マリナーズの岩隈 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事