« Windows8の販売数 | トップページ | ソニーの電子書籍 »

中国の日本企業

中国の日本企業について、アナリストが記事を書いています。

日本政府による尖閣諸島国有化に対する
中国での反日デモを契機に、日本企業の間では
「中国とどう向き合うか?」という、中国リスクに

対する対応策に大きな関心が高まっています。

改革開放路線から20年間、中国は豊富で安価な
労働力による人口ボ-ナスの恩恵と、日本や欧米先進国に
よる積極的な外資導入をテコに、高度経済成長を続けてきました。

しかし、ここにきて中国は、このまま中進国にとどまるか、
それとも先進国入りできるか、重大な岐路に立っています。

記事の中では、中国では日本の企業が
多くの雇用を生んでいるから必要だと言っています。

日本も中国の市場が必要だと言っています。

だから、中国からの撤退を早急にあきらめるなと
言っています。

でもですね。

中国は新幹線技術を盗みました。
日本からいろいろな新技術を盗用しています。
いくら市場があってもそういう国で、ビジネスをするのは
危険です。

結局、韓国や中国に、鉄鋼や液晶、半導体の技術を
教えたのは日本ですよ。
そして、その中国や韓国のメーカーが市場を占有しています。

中国で一番の問題は、中国共産党の政権だという
ことです。
次のデモがまたおこります。
反日教育の国民がまた暴動をおこします。

次は、日本人の犠牲者がでますよ。
いくら市場があっても、社会不安と政情不安のあって
反日感情のある国でのビジネスは、やめるべきですね。

この記事をかいた人はどういう人かわかりませんが、
中国と日本のビジネスにかかわっている人です。
中国とのビジネスがなくなると仕事がなくなりますからね。

記事を読むときは、そこをよく考えるべきです。
毎日、朝日、日経は中国の味方ですからね。
客観的なデータを見るべきです。

|

« Windows8の販売数 | トップページ | ソニーの電子書籍 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事