« テレビ局がYouTubeで配信 | トップページ | 韓国の経済 »

未来の党の公約

日本(にっぽん)未来の党(代表・嘉田由紀子

滋賀県知事)は28日、総務相宛てに
政党設立届を提出、受理されました。
未来は「卒原発プログラム」策定のほか、
中学卒業までの子どもに子育て応援券を
含む年間31万2千円の手当を支給する
などの政策要綱原案をまとめたそうです。
嘉田氏は、同党に合流する国民の生活が
第一の小沢一郎代表の執行部入りを見送る
意向だそうです。
また、前の民主党のこども手当のような
ものを出しています。
ごこから財源をだすのでしょうかね。
卒原発で、電気料金があがります。
企業や消費者の負担が増えます。
当然、税金も少なくなります。
子育て応援券の財源をどうするのでしょうかね。
民主党の公約と同じです。
出来ないことをまた公約にしています。
本当に、スローガンで簡単に言って欲しく
ないですね。
経済対策はどうするのでしょうか。
そこが一番大事です。
卒原発でもいいですが、国内から企業が
いなくなってもよいのでしょうかね。
やっぱり、きちんんとした政党に投票したいと
思いますね。

|

« テレビ局がYouTubeで配信 | トップページ | 韓国の経済 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事