« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

新OSタイゼン

携帯電話最大手のNTTドコモは、

韓国サムスン電子などと基本ソフト(OS)を
共同開発しています。

ドコモなどが共同開発しているOSの
名称は「タイゼン」です。

基本ソフト(OS)を載せたスマートフォン
(高機能携帯電話)を、2013年にも
発売する方向だそうです。

スマートフォン向けOS市場では現在、米グーグルと
米アップルが合わせて 約9割のシェア(占有率)を
持っています。

ドコモは、両社に対抗する勢力づくりを 目指すそうです。 

グーグルのOS「アンドロイド」の
スマートフォンや、アップルのiPhone
(アイフォーン)=OSは「iOS」=は、
それぞれの仕様に合わせた応用ソフト 
(アプリ)が使いやすくなっています。
半面、ドコモの通信販売事業のように 
携帯電話会社が独自サービスを提供したり、
独自に安全性を高めたりするのが難しいようです。
消費者にとっては、操作性とかやサービスが
変わらなければよいですが。
少なくともアンドロイドとiPhoneは使い方が
異なるのは困りますね。

|

コンビニの成長

コンビニの成長が鈍化しているようです。

スーパーや百貨店は、デフレ不況で販売が低迷しています。

コンビニエンスストアは、売上高を伸ばして「小売業の
勝ち組」とされてきました。

でもコンビニエンスストアの成長が、2012年半ばから
足踏みしているそうです。

総店舗数が5万店を超えたことで市場の
飽和状態がささやかれています。

利便性の高いネット通販の台頭で業界の
垣根を越えた競争も激化しています。

コンビニ業界では13年以降、生き残りをかけた
再編だけでなく、淘汰(とうた)も迫っているようです。

コンビニは勝ち組だと思っていましたが、
厳しいのですね。

ネット通販は、売り上げが上がっていますから、
お客はそちらへも移っているのですね。

小売業界も大変な時代です。

|

iPhone時代

iPhoneが負けたようです。

iPhoneの登場以来、初めて他のスマートフォンが

四半期販売台数で超えたそうです。
それは、韓国Samsungの「Galaxy S III」です。
2012年7~9月期に1800万台も売れたそうです。
一方、同期間にAppleが出荷した「iPhone 4S」は1620万台だった。
完全に、iPhoneが負けましたね。
Samsungが「Galaxy Note II」など幾つかの対抗モデルを
投入したこともあって、Appleの主力モデルはシェアを
奪われたそうです。
しかし、そうした事情があったとしても、熱狂的な
iPhoneの時代が終わりを迎えつつあるという見方をする人も
います。
ジョブズ氏がいないとやっぱりだめですね。
結局、iPhoneの延長ですから。
サムスンも、これから新しい製品を開発しないと
いけませんね。
このままは続きません。
栄枯盛衰ですから。
でも、あれだけ強かったiPhoneも簡単に抜かれるのですね。
ノキアも簡単に、iPhoneに抜かれました。
次の新しい製品をどこが開発するかですね。

|

おめでとうメールや電話

おめでとうメールや電話は自粛して欲しいそうです。

NTTドコモ、KDDIなどは26日、大みそかから
元日にかけての約2時間、通信の集中を
避けるために「おめでとうコール」「おめでとうメール」を
控えるよう、携帯電話利用者に呼びかけを
始めたそうです。
元日午前0時前後から約30分間は、
通話やメールがつながりにくくなることが
予想されるそうです。
メールは約2時間にわたり配信の遅れが
生じる可能性があるということです。
システムダウンを避けるために携帯の利用を
一時的に制限することもあるそうです。
確かに、年賀状を書かなくなって、メールで
すませる人も多くなってきました。
かなりの人がメールを送るでしょうね。

|

朝鮮学校の無償化

6日に発足する安倍新政権は、朝鮮学校に対して

高校授業料無償化を適用しない方 針を固めたそうです。 

文部科学相に内定した下村博文元内閣官房副

長官の強い意向を反映したものだそうです。

朝鮮学校は 北朝鮮の指導下にある在日本朝鮮人
総連合会 (朝鮮総連)との結びつきがあります。

安倍新政権 は、 日本政府が北朝鮮への経済制裁を

継続して いる中で、朝鮮学校を無償化の対象とすること は 
できないと判断したそうです。

当然ですね。

民主党みたいに、北朝鮮、韓国、中国に媚びへつらっては
ダメですね。
毅然とした態度が重要です。

いいと思いますよ。

国民の税金を無駄に使えませんね。

 

|

円安

円安が進んでいます。

ニューヨーク外国為替市場では円が対ドルで

下落しました。 
1年8カ月ぶり安値を付けました。

ニューヨーク時間午後3時27分現在、円はドルに対して
前日比0.7%安の1ドル=84円86銭でした。

日本銀行が来月にインフレ目標を引き上げない場合、 
日銀法改正を検討するとの自民党の安倍晋三総裁の
発言が売り材料となったようです。 

ユーロは対ドルで下げています。
年初からの対ドルの動きでは、メキシコ・ペソが最も上げており、

ブラジル・レアルの下げが大きいようです。

安倍総裁の発言で、円安になるのですね。
もう、84円です。
あと少ししたら、85円になりますね。

企業の経営が変わりますね。

|

就職状況

リクルートワークス研究所が2012年12月19日、
13年、14年の民間企業の採用見通しを発表しました。

従業員規模5人以上の全国の民間企業7333社に
対し12年10月10日~11月9日までに行ったそうです。
回答したのは5063社だったそうです。

それによれば2014年卒の大学生・大学院生の
新卒採用は10.3%の企業が「増える」、
「減る」が6.9%と回答しました。

13年卒に関する調査に引き続き新卒採用が
多少回復する見通しだそうです。

13年度の中途採用見通しは、「増える」が7.5%、
「減る」が5.3%となり、12年度に続いて堅調に
推移するそうです。

業種別の新卒採用見通しと中途採用見通しでは、
飲食サービス業、スーパー・DIY・生活協同組合などの
小売業が新卒採用と中途採用ともに「増える」が
「減る」を大きく上回ったそうです。

良くなっているのはよいことです。
自民党が政権にも期待したいですね。
もっと景気がよくなるとよいですね。

|

ジャパネットたかた

テレビショッピングで知られる通販大手の
ジャパネットたかた(長崎県佐世保市)です。

21日、新設した「東京スタジオ」(東京・六本木)から、
番組の生放送を始めたそうです。

新スタジオはビルの34階にあり、約1200平方メートル。
通販専門チャンネル用とインターネット動画用の
計7セットがあるそうです。

ジャパネットは1986年の創立以来、佐世保市の
本社で番組収録や編集などを一貫して行ってきました。

しかし、2012年12月期の売上高は前期比で
2割ほど少ない約1200億円と2期連続の減収を
見込んでいます。

テレビなどが売れませんからね。

インターネット販売は、増加していますが、
テレビ通販は、 売上が落ちています。

その対策ですね。
これで売り上げが上がるでしょうか。

|

対中直接投資が減少

中国商務省は18日、11月の対中外国直接投資
実行額を発表しました。

前年同月比で5・4%減の82億9千万ドル
(約6950億円)だったそうです。
6カ月連続のマイナスのようです。

賃金高騰や消費伸び悩みなどで、外資企業に
対中投資を見直す動きが広がっているようです。

一方で日本からの投資は同16・2%増の5億3千万ドルと
2カ月ぶりにプラスに転じたそうです。

9月に日系企業の店舗などが破壊された
反日デモ以前に決まっていた流通関連などの
投資案件が実行されたようです。

日本からの1~11月累計は前年同期比
11・3%増の66億1千万ドルだったそうです。
50%増を記録した昨年に比べると、鈍化傾向が
鮮明になっています。

日系企業は対中投資の拡大に慎重な
姿勢を見せていますからね。

海外からの投資が成長エンジンだった中国にとっては
“誤算”のようです。

日本は、もう他の国へ移行しています。
安倍政権は、インドとのビジネスを拡大する
でしょうね。

中国を見直すことはよいことです。

|

トヨタの新車販売

トヨタの新車販売が世界一になるようです。

トヨタ自動車が2012年に全世界で販売した
新車台数は、約970万台に達したそうです。
世界1位になる公算が大きいようです。

2位は、米ゼネラル・モーターズ(GM、昨年1位)と
独フォルクスワーゲン(VW、同2位)が競り合っているようです。

実現すれば、トヨタの首位返り咲きは2年ぶりと
なります。
トヨタは、反日デモが起きた中国での販売不振を
受けて、従来の販売計画を10万台引き下げました。

公表されている最新の今年の計画では、ダイハツ工業と
日野自動車を含めたグループ全体での
販売台数は966万台です。

それでも、GMやVWの販売台数を上回り、トヨタの
首位は確実な情勢のようです。

すごいですね。

中国での販売はかなり減少していますが、
全体への影響は少ないのですね。

やっぱり、ハイブリッドが売れているのでしょうね。
これからもトヨタは売れるでしょうね。

|

社民党の退潮

社民党は公示前の5議席の維持を図りましたが、
結局、2議席でした。

退潮傾向を止められませんでした。

自民党と55年体制の一翼を担った老舗政党は、
存続も危ぶまれる状況です。

福島瑞穂党首は16日夜の会見で、
脱原発、憲法9条を守って欲しい、消費増税反対という声を
議席に結びつけられなかったことは本当に残念と語ったそうです。

でもですね。

社民党が、普天間問題で沖縄との関係、アメリカとの関係を
めちゃくちゃにしてしまいました。

そして、逃げてしまいました。
普天間問題では、自分達は反対するばかりで、
全然、対案や対策は何もしませんでした。

こんな党に投票しますか。

社民党はなくなった方がよいと思いますよ。
減ってよかったですね。

|

シャープの4Kテレビ

フルハイビジョン(HD)映像の約4倍の解像度「4K」に
対応した 次世代液晶テレビです。

シャープは13日、この次世代液晶テレビ市場に参入すると発表しました。

 
ソニーや東芝も含め電機各社は値崩れしにくい

高級テレビの販売を強化して収益改善を
狙いたいようです。

1台数百万円のテレビが消費者にどれだけ
受け入れられるかは未知数のようです。 

シャープは薄型テレビの最高級ブランド

「ICC ピュリオス」を新たに立ち上げました。

アイキューブド研究所(東京都世田谷区)が
開発した画像処理技術と、シャープの 
高精細液晶パネルにより臨場感のある映像を

作り出すということです。

来年2月20日から、60型の新製品(希望小売価格262万5000円)の
受注生産を始めるそうです。 

難しいですね。

260万円ですか。
少し高いような気がします。
画像を見ていませんが、特殊な場所で使うのにはよいかも
知れません。

これからです。

|

イチローのヤンキース

イチローのヤンキース残留がきまるようです。

米メディアのCBSスポーツ(電子版)の記事です。
12日、米大リーグのヤンキースからフリーエージェント
(FA)になったイチロー外野手(39)が、同球団と
再契約することが決定的となったと報じたそうです。
契約交渉は詰めの段階にあり、2年契約を結ぶ
可能性もあるということです。
イチローは7月、2001年の大リーグ入り以来
プレーしてきたマリナーズから交換トレードで
ヤンキースに移籍しました。
今季は2チーム合わせて打率2割8分3厘、9本塁打、
29盗塁の成績で、ヤンキースのア・リーグ東地区優勝に
貢献しました。
マリナーズからヤンキースに移籍して、成績も

よくなってきました。
笑顔が増えたような気がします。
よいと思います。

これからも活躍してほしいですね。

|

フォトショップ

Adobe PhotoshopとIllustratorがついに

Retinaディスプレイ対応を開始しました。

RetinaのMacBook Pro使いの方は、このアップデートを
心待ちにしていたでしょう。

米GizmodoのJesus記者は、

「絶対アップデートすべし!」と絶賛しているようです。

ソフト立ち上げからすぐに、アイコンやパレットなど、
そのシャープさで違いがわかるということです。

Adobeのグラフィックエンジンが221ppiを認識可能に
なったのも、アップデートの目玉の1つだそうです。

Macが先日発売されました。

Macの人気も増えています。

ソフトもハードに応じて進化しています。

|

中国の日本車販売

中国での日本車の販売が回復しているそうです。

中国自動車工業協会が10日、
11月の乗用車の販売台数を発表しました。

前年同月より12.5%多い146万1300台だったそうです。

このうち日本車は36.1%減ったが、市場に
占める比率は11.7%と前月(7.6%)より
持ち直したそうです。

11月の商用車を含めた中国市場全体の
新車販売台数は8.2%多い179万1千台だそうです。

1~11月では前年同期比4%増の1749万台と、
通年では1900万台を突破する見通しのようです。

11月の乗用車市場の国別シェアは、中国系が43.7%、
独系が18.5%、仏系が3.0%と前月よりやや下がったそうです。
米国系は13.1%、韓国系は9.8%とやや上がったそうです。

少しはよくなっているのですね。
でも、予断は許しません。

また、起こりますからね。
気を付ける必要があります。

|

東芝が次世代メモリ

東芝がスマートフォン向けの次世代メモリを開発したようです。

東芝は10日、スマートフォン(多機能携帯電話=スマホ)や
タブレット端末などに搭載するモバイルプロセッサ用
キャッシュメモリ向けに、低消費電力を実現した
新方式の不揮発性磁性体メモリー(STT―MRAM)の
基盤技術を開発したと発表しました。

消費電力は、標準的なモバイルプロセッサ
(SRAM)と比べて約3分の1に低減できたそうです。

従来品では省電力化と動作速度向上の
両立が実現できなかったが、新開発品では
記憶素子の材料や構造を工夫することで
消費電力を下げながら同時に動作速度を
上げることに初めて成功したそうです。

事業化などの計画は未定だそうです。
今後、実用化に向けて研究開発を加速する方針だそうです。

スマートフォンやタブレットがこれからどんどん
増えますからね。
新製品は開発する必要がありますね。

日本メーカーに頑張って欲しいですね。

|

天下り役員が減少?

天下り役員が減少しているのでしょうか。

総務省は七日、十月一日時点で独立行政法人の
役員の天下りを発表しました。

六百四十九人(非常勤を含む)のうち、 
国家公務員OBは5・2%に当たる三十四人だったそうです。

政権交代以降、役員の公募で 企業などからの登用が
進み、二〇〇八年の29・5%から大幅に減少したそうです。
 
一方で、中央省庁の人事が滞留し、現役公務員が
独法の役員に出向するケースが増加したそうです。

 
常勤役員四百九十三人に占める出向者は百四十三人で、

割合は〇八年の16・8%に対し29・0%となったそうです。

天下りは減って、出向者が増えたら何もなりませんね。
馬鹿みたいですね。

企業のように公務員を60歳まで雇って、60歳から給料を減らして
嘱託にしたらいいと思います。

まずやることは、独立行政法人を減らすことです。
研究などは残してもよいですが、お金を横流しするものは
なくすべきです。

結局、民主党は出来ませんでしたね。
ダメな政党です。

|

アイリスオーヤマ

アイリスオーヤマは、掃除機や扇風機も作っているのですね。

生活用品大手のアイリスオーヤマ(仙台市)が、

9日と16日に大阪市内で採用説明会を開くそうです。

シャープやパナソニックといった関西の
家電メーカーを退職した技術者を獲得するのが狙いのようです。

アイリスはこれまで、宮城県角田市の角田工場に
開発機能を集中させてきたそうです。

関東や関西の優秀な人材を採用するのが
難しかったため、有力メーカーの人員削減が相次ぐ
関西に目を付けたそうです。

今回採用する技術者は、平成25年2月に大阪市北区に
設置する白物家電の開発拠点に配置することを
想定しているそうです。

かなりの人が早期退職しますからね。
なかなか賢いと思います。

退職した人は中国とか韓国の企業に行かなくて、
日本の企業に行って欲しいですね。

|

炭素繊維

自動車用の材料や部材として炭素繊維の

本格採用が始まりそうです。

帝人は今月、米ゼネラル・モーターズ(GM)と
共同開発した炭素繊維の成形加工時間を 
大幅に短縮した新製法の量産技術を確立する
設備を稼働しました。

東レや三菱レイヨンはすでに 海外の市販車向けに
供給を始めているが、帝人の新技術によって
コスト低下競争に弾みがつき、 
量販車への採用も視野に入るそうです。 

自動車メーカーは燃費向上のため車体軽量化を
進めており、一大市場が誕生する可能性がある。 

日本勢が世界シェアの約7割を占める炭素繊維が
自動車用途で先行できれば、さらなる優位性を 
確立できそうです。
炭素繊維は、価格が高かったですからね。
安くできれば、いろいろなところに使えます。

いいことです。

|

福田衣里子氏

長崎から民主党で当選した福田衣里子氏は
離党しましたね。

そしてみどりの風かなに行って、今は未来の党です。

4日夜に公表された日本未来の党の比例代表名簿は、

小選挙区と重複立候補する 前職の大半を同列1位としました。
重複出馬の新人も、東京や中国ブロックなどで
1位に並べたそうです。
 
一方で、長崎2区から比例代表近畿ブロック単独候補に
なった福田衣里子前衆院議員は 最下位の14位で
冷遇されているそうです。
もう、当選できませんね。
今回は、未来の党にどのくらい票が集まるかです。
あまり期待できないと思いますよ。
何で、民主党を離党したのでしょうか。
民主党も、半原発です。
せっかく民主党で当選したのにね。

|

今年最もブレイクした俳優

2012年『今年最もブレイクしたと思う俳優・女優』が

決まったそうです。
ORICON STYLEでは年末恒例の『今年最もブレイクしたと
思う俳優・女優』についてアンケートを実施したそうです。
その結果、俳優部門では、NHK朝の連続テレビ小説
『梅ちゃん先生』(NHK総合)で更に認知度を高めた
松坂桃李さんだったそうです。
女優部門ではドラマ、映画、CMと圧倒的な
露出を誇った剛力彩芽さんがそれぞれ選ばれたそうです。
松坂桃李さんはなんとなくわかるような気がしますが、
剛力彩芽さんはどうでしょうか。
何の映画に出ていましたかね。
覚えていませんが。
CMでは、よく見ますね。
それが大きかったのかも知れません。

|

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »