« コンビニの成長 | トップページ | ウォンが上がっている »

新OSタイゼン

携帯電話最大手のNTTドコモは、

韓国サムスン電子などと基本ソフト(OS)を
共同開発しています。

ドコモなどが共同開発しているOSの
名称は「タイゼン」です。

基本ソフト(OS)を載せたスマートフォン
(高機能携帯電話)を、2013年にも
発売する方向だそうです。

スマートフォン向けOS市場では現在、米グーグルと
米アップルが合わせて 約9割のシェア(占有率)を
持っています。

ドコモは、両社に対抗する勢力づくりを 目指すそうです。 

グーグルのOS「アンドロイド」の
スマートフォンや、アップルのiPhone
(アイフォーン)=OSは「iOS」=は、
それぞれの仕様に合わせた応用ソフト 
(アプリ)が使いやすくなっています。
半面、ドコモの通信販売事業のように 
携帯電話会社が独自サービスを提供したり、
独自に安全性を高めたりするのが難しいようです。
消費者にとっては、操作性とかやサービスが
変わらなければよいですが。
少なくともアンドロイドとiPhoneは使い方が
異なるのは困りますね。

|

« コンビニの成長 | トップページ | ウォンが上がっている »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事