« 天下り役員が減少? | トップページ | 中国の日本車販売 »

東芝が次世代メモリ

東芝がスマートフォン向けの次世代メモリを開発したようです。

東芝は10日、スマートフォン(多機能携帯電話=スマホ)や
タブレット端末などに搭載するモバイルプロセッサ用
キャッシュメモリ向けに、低消費電力を実現した
新方式の不揮発性磁性体メモリー(STT―MRAM)の
基盤技術を開発したと発表しました。

消費電力は、標準的なモバイルプロセッサ
(SRAM)と比べて約3分の1に低減できたそうです。

従来品では省電力化と動作速度向上の
両立が実現できなかったが、新開発品では
記憶素子の材料や構造を工夫することで
消費電力を下げながら同時に動作速度を
上げることに初めて成功したそうです。

事業化などの計画は未定だそうです。
今後、実用化に向けて研究開発を加速する方針だそうです。

スマートフォンやタブレットがこれからどんどん
増えますからね。
新製品は開発する必要がありますね。

日本メーカーに頑張って欲しいですね。

|

« 天下り役員が減少? | トップページ | 中国の日本車販売 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事