« イチローのヤンキース | トップページ | 社民党の退潮 »

シャープの4Kテレビ

フルハイビジョン(HD)映像の約4倍の解像度「4K」に
対応した 次世代液晶テレビです。

シャープは13日、この次世代液晶テレビ市場に参入すると発表しました。

 
ソニーや東芝も含め電機各社は値崩れしにくい

高級テレビの販売を強化して収益改善を
狙いたいようです。

1台数百万円のテレビが消費者にどれだけ
受け入れられるかは未知数のようです。 

シャープは薄型テレビの最高級ブランド

「ICC ピュリオス」を新たに立ち上げました。

アイキューブド研究所(東京都世田谷区)が
開発した画像処理技術と、シャープの 
高精細液晶パネルにより臨場感のある映像を

作り出すということです。

来年2月20日から、60型の新製品(希望小売価格262万5000円)の
受注生産を始めるそうです。 

難しいですね。

260万円ですか。
少し高いような気がします。
画像を見ていませんが、特殊な場所で使うのにはよいかも
知れません。

これからです。

|

« イチローのヤンキース | トップページ | 社民党の退潮 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事